運転免許の種類とは

車と一言でいっても様々な種類があります。
トラック、バス、タクシー、基本の運転は変わらないのですが、車種によってはサイズも違うので同じ感覚で運転をすることはできません。
そうなれば車を運転するための許可証である運転免許にも様々な種類があることになります。


現に一般的に用いる乗用車を運転する際にも種類は1つではなく、車にはオートマチックのATと自分でクラッチ操作をするMTがありますが、この免許も分別されておりAT限定の免許とそうでないMTを運転できる免許と分かれています。
そして車は1つの免許で1つの車種を動かせるというわけではなく、大型の車種を運転したいと考えたのなら大型の免許を取れば大型に分類される車種は一部の例を除いて全て運転をすることができます。


分類されているからこそ免許証を取るのなら知っておきたいのがその免許を取ることでどの車を運転できるかということです。
車の分類というのは二輪車であれば総排気量、自動車であれば重量か乗れる人数で決められています。
自分が乗りたいものは何かを把握してそれから免許を取るようにしなければならないのです。


そしてこれらは一般的な免許ですが、免許の中には第二種免許と呼ばれるものがあります。
更に実は正式な免許でない仮免許と呼ばれるものにも種類があるのです。


では第二種免許とはどのようなものでどのような種類があるのか、正式な免許でない仮免許にはどのような種類があるのでしょうか。


【管理人推奨リンク】
運転免許を最も効率よく取得する事の出来る合宿免許の情報サイトです → → 合宿免許

Copyright © 2014 運転免許の種類 All Rights Reserved.